暮らしやすい我が家を建築!納得できる注文住宅の実現に役立つ情報まとめ

注文住宅を作る際には役立つ情報などを知っておくことがポイントですが、このサイトではそんな役立つ情報を紹介しています。
住宅を作る前に必要な情報としては、費用の内訳が挙げられます。
土地代・建築費用・その他諸経費がかかります。
ローコストで建てたいのなら1000〜2000万円程度、内外装にこだわるなら3000万円以上はかかるということを覚えておきます。
会社を選ぶ時には、信頼性が高い会社を選ぶということも重要です。

暮らしやすい我が家を建築!納得できる注文住宅の実現に役立つ情報まとめ

注文住宅は理想の住宅を作るための方法として人気ですが、注文住宅を作る前には役立つ情報などを知っておくことがおすすめです。
注文住宅を実現するのに知っておきたいのが、価格になります。
費用の内訳としては土地代・建築費用・その他諸経費がかかります。
ローコストで建てたいのであれば1000〜2000万円程度、内外装にこだわりたいのであれば3000万円以上はかかるということを覚えておきます。
会社を選ぶ際には、価格だけではなく信頼性などもチェックした上で選ぶことが重要です。

快適に生活できる注文住宅の条件とは

マイホームは高価であり一生の買い物と言われているため、家を建てる場合は注文住宅にしたいと考えます。
ですがデザインや設備にばかり気を取られてしまうと快適さが失われてしまい、注文住宅を建てたという満足感しか残りません。
将来にわたって快適な生活を過ごすためには、様々な工夫が必要となります。
注文住宅で快適に過ごすための条件には、性能と通風、採光が基本となります。
性能は耐震性や耐火性を高めておくことで、地震などの災害が起きた場合にも安心ですし、断熱性や気密性に富んだ住宅であれば1年中室温を一定に保つことができ、ヒートショックを防ぐことができます。
防音性が高いと騒音に悩まされることはありません。
基本的な性能は目に見える部分ではありませんが、しっかりと取り入れておくことで快適さが増します。
通風や採光に関しても取り入れられる間取りにしておくことで、心地よく落ち着いた家にすることができます。
特に風通りが良い場合は家中を喚起することができるため、シックハウス症候群の予防にもなります。

建売住宅にはない注文住宅特有のメリット

家を建てる場合、注文住宅にするか建売住宅にするか悩むことが多いです。
建売住宅はすでに出来上がっていることが多く、すぐに間取りなどを確認することができ、新しい生活に向けてイメージしやすいのですが、反面他の家と似たような造りになることが多く、独自性を引き出すことは難しいです。
さらに建築している段階で確認することができないので、信用できる建築会社でないと安全面での不安が残ってしまいます。
一方注文住宅には特有のメリットとして、間取りや設備、仕様などを自由に決めることができます。
建売の場合はすでに決まっていることが多く、変更することはできません。
ですが注文住宅であれば設計の段階から参加をしていくので、こだわりの設備や建材を使用することができ、間取りも変化を持たせることができます。
構造面に関しても木造や鉄骨造、鉄筋コンクリート造など住宅工法が自由に選ぶことが可能であり、地域によって適したものを取り入れることができます。

注文住宅のデザインに流行を取り入れるコツ

注文住宅を建てる際、流行をデザインに取り入れたいと考える人は少なくありません。
しかし、いざデザインを決めようとしても、トレンドがどうなっているのか分からないことも多いです。
なぜなら一般的な商品とは異なり、普通に生活しているだけでは、人気の移り変わりを把握しにくからです。
それを解決する手段として有効なのは、住宅の情報誌に目を通しておくことです。
インターネット版でも構いませんが、いずれにせよ紹介されている最新の住宅をチェックしてください。
売行きを伸ばすために、流行をたくさん取り入れたデザインを掲載しています。
自分が注文住宅を建てる際、とても参考になることでしょう。
また、プロに教えてもらうことも一つの手です。
注文住宅を依頼する建築会社の設計士に話を聞いてみましょう。
どのような物件の依頼が増えているのか知ることで、トレンドに関する大まかな目星を付けられます。
打ち合わせの時点で参考資料を用意してもらうことも有効です。

注文住宅の間取りを検討する際の留意点

注文住宅の間取りは、現実と理想のバランスをとるのが原則です。
これは、理想を追求しすぎると想定していたような快適な生活ができなくなるリスクがあるからです。
注文住宅の最大の注意点は、業者側が顧客側の要求を受け入れすぎてしまうという点です。
注文住宅は、なるべく顧客側が理想とする物件を実現するためにサービスを提供しています。
このとき、設計上でムリが存在するような間取りであっても顧客側からの要求を強烈に伝えられるとそれを実現せざるを得ない状況に追い込まれてしまいます。
この場合、実際に出来上がった物件は現実的な生活空間が存在しない可能性もあります。
注文住宅を請け負う業者は、その道のプロが集まっているため伝えられた要求に関してムリが存在すると考える場合には代替案を提案します。
重要なのは、この代替案を提案されたときにきちんとそれを話し合うことです。
一方的に伝えるのではなく、必ず現実とのバランスを考慮して決めることが重要なのでこの点を知っておきましょう。

著者:隅田寅男

筆者プロフィール

茨城県つくば市生まれ。
暮らしやすい家づくりのために、注文住宅のデザインの決め方や業者選びについて執筆しています。
つくばの注文住宅